【最近の蒜山】 観光地として更なる高みへ

lovelive

Forestへ ようこそ!  森の店長です。

 

 

「誰もが道を模索している」

 

st

最近、蒜山内では

「観光業に対する力の入れ方」

特に目立ってきています。

 

 

◆Google Street View「蒜山自転車道」登録

GSV 蒜山自動車道 リンク

 

 

◆蒜山地域の「モンベルフレンドエリア」登録

モンベルクラブ 「フレンドエリア:蒜山」

 

 

◆冷泉「塩釜」: 観光地としての名水20選

環境省: 全国名水総選挙

pht_main01

 

 

◆西の横綱【湯原温泉】に続く道路の拡張工事

拡張工事 実施箇所 詳細

 

こういった事が、

特に目立った動きとして挙げられます。

 

 

 

「観光業」は産業として成立していないから不毛。

という意見がネットでは散見されますが

 

それは事実の一端であり、全てではないというのが

自分の意見です。

 

 

【観光】とは【ブランド】です。

 

食事や体験といった形ないものが

お客さん相手に良い印象を構築し

【安心して楽しめる価値あるコンテンツだ】

理解されるまでには、

コツコツと実績を積み重ねていくしかありません。

 

【名所】といった実物であっても、

補修や改善を行っていかなければ、崩れ去るだけ。

 

地方過疎化の中、生き残りを掛ける競争社会では

過去の栄光にすがった努力なき観光地は

時代の渦の中に埋没していってしまいます。

 

「良いイメージ」とは、

構築するのは難儀でも、崩れるのは一瞬です。

 

【良質なブランド作り】とは

【砂上の楼閣を作り上げる】も同義。

 

「足を止めること=死」です。

 

 

観光地としてのイメージ確立は

物販の売り上げと直結する立派な産業。

 

 

 

蒜山は、景観がウリですので

サイクリングスポットとしての認知されること

を目標としているのが明確に感じ取れます。

 

「誰もが道を探しているのだなぁ」と

切に感じます。

 

 

生物としての「死」が遠くなった現代で

社会という名の「サバイバルの舞台」は

資本主義・競争原理の中で

ずっと続いていきます。

 

 

闘う覚悟なき者は生き残れない。

それも事実。

 

 

しかし、富に目がくらみ

「豊かさの本質」を見失うのは愚かしい・・・。

 

 

あちらが勃てば、こちらは勃たず。

う~ん、悩ましい◆

(ハンター×ハンターのヒソカか・・)

 

 

時代の渦に揉まれながらも

自分の目的を見失わず、

目標達成に対して、ボチボチ生きていければ

 

と、そう思います。

 

 

 

 

観光地 【蒜山】

 

よいとこ、いいとこ、楽しいよ。

一度はおいでよ!寄っといで!

 

 

とりあえず宣伝でした。

 

 

ではでは。