世界一フィギュアの飾ってある漫画喫茶

余ったパーツを使いこなせ part.4 制作編

  • HOME »
  • 工作室 »
  • 余ったパーツを使いこなせ part.4 制作編

【制作編】

4回目で終了を迎えるこのコーナー。
最終回は制作編。

作るときにまず念頭に置くのが
「ネタがバレたら負けだ!」ということです。

「このパーツはあの作品のあれだろ」
とか一瞬でバレるのは最悪です。

最低でも
「あれ?これ、あの作品のあれっぽいけど……ちょっと違うし」ぐらいまで
隠しおおせることを目標とします。

まずキャラの命は顔。
サイズも気にしつつ、自分の気に入った顔パーツをチョイスします。

イメージ 1

今回は「めだかボックス」より
黒神めだかの顔を2つ選びました。

これはそれぞれ
別メーカーフィギュアのパーツ。

差し込みの長さが違うので
よく分かりますよね。

次に髪パーツ。
この単独パーツを見つけるのは結構苦労します。
色違い、サイズ違いは当然
大体、前髪だけとか後ろ髪だけとかばっかりなので
まともに使えるパーツは少ないです。

そんな時に大助かりなのが
コナミ製:ラブプラスのフィギュアパーツです。

イメージ 2
御覧の通り。

このシリーズには1体に4種類くらいの
髪パーツが附属しているので
本企画にうってつけです。

フィギュアの出来は微妙だったので、
複雑なところですが……

で、当然このままでは使えません。

イメージ 3
めだか頭部パーツの形状は
どちらもこんな形。

髪の方にも凸部があるので
はめ込めないわけです。

イメージ 4

ペンチorニッパーで凸部を挟み込み
首をおすような形で力を加えると
写真のようにあっけなく外れる時もあります。

これは運が良いです。

イメージ 5

しかし接着が強いと外れないので
そういう時は力任せにニッパーでぶった切ります。

マジで硬いです。

中々切れないですが、
掛け声を出して頑張ります。

 


「くたばれッ!」

イメージ 6

こうなってくると
髪パーツの方も加工します。

ニッパーで凸部を切り落として
カッターナイフで微調整したものが
左の写真。

頭の方も微調整します。

 

イメージ 7

それで髪パーツに顔を入れてみます。

めだかパーツが
美人顔であるのがよく分かります。

いいね!

イメージ 8
怒り顔1

イメージ 9
怒り顔2

イメージ 10
怒り顔3

!!
何かピンと来た!

お嬢ヘアで決定。

あとは体パーツ、腕パーツを選択してそれぞれが嵌るように微調整。
何かしらの”コンセプト”があると完成品が映えます。
自分のイマジネーションを信じましょう。


イメージ 11
はい。
こちら完成品。

タイトル:
「あんた何見てんのよ!」

制服で作品がバレるのはご愛敬。
でもコンセプトは伝わるでしょう?

余りパーツはゴミじゃない。
使えるものは使うのがエコです。

ではでは。

お気軽にお問い合わせください TEL 0867-45-7789 メール info@forest.egoism.jp
営業時間 10-19時
岡山県公安委員会許可【第721270022915号】道具類
代表 : 湯槙 淳一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 【Forest】蒜山:フィギュア&漫画喫茶 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.